熊本在宅ドクターネット会則

[名称]
1. 本会は、熊本在宅ドクターネットと称する。
[目的]
1. 本会は、グループとして在宅医療の受け皿としての機能を果たす。また、グループ内の連携を通じ緊急時の対応を行う。
2. それぞれの診療所、病院の特長を生かした医療連携を行い、地域の住民に可能な限り、継続的で効果的な在宅医療を提供する。
3. メーリングリスト等を介した医療情報の共有や、研究会などを開催し、お互いの医療の質の向上を目指す。
4. 会員の診療所間および病院間の親睦を図る。

[会員]
1. 会員は、本会の目的に賛同する在宅医療に携わる熊本市圏の医師である。
2. 会員は、連携医、協力医、病院医師からなる。
2-1. 連携医:主治医として治療にあたる者と、これと連携協力して補佐する副主治医からなる。
2-2. 協力医:皮膚科、耳鼻咽喉科、眼科、脳神経外科、麻酔科、形成・整形外科、精神科、産婦人科など専門性の高い診療科の医師で、連携医からの医療相談を受け、必要に応じて往診を行う者とする。
2-3. 病院医師:病院または大学に勤務する医師で、病診連携を実践し、専門的な立場から助言などを行う。

[入会と退会]
1. 連携医としての入会は、本人の意志による。
2. 協力医および病院医師は当会員の推薦による。
3. 会員は、本会のメーリングリストに登録することを原則とする。
4. 退会は本人の意思表示による。あるいは、会員のなかで医療連携における行動、言動が本会の主旨に著しく反すると考えられる場合は、総会の過半数の議決により、退会させることができる。

[会費]
1. 本会の会費は、別途定める。
2. 会計年度は、4月1日から翌年3月31日までとする。

[総会]
1. 総会は年に一回、定例総会を開催するほか、会の代表の招集により臨時総会を開催することが出来る。
2. 本会の運営に関する重要な議案の決定は、総会での過半数以上の賛成を必要とする。

[世話人会]
1. 本会は、世話人会により運営される。
2. 会員のなかから合議により世話人を選出する。任期は2年とするが、再選を妨げない。
3. 世話人会の会議内容は、全員に周知し、重要事項を総会に議題として提出する。
4. 会の運営のために、代表、副代表、事務局長、会計、監査それぞれ一名を定める。
5. 上記の役職は、世話人の互選により選出する。任期は2年とするが、再選を妨げない。
6. 代表または世話人会の判断により、必要と思われる常設委員会を世話人会の承認を得て設置することができる。

[附則]
1. 本会則案は 第1回総会(平成20年3月25日)の承認をもってその効を有し、会則の変更は世話人会が発議検討し、総会の過半数の議決により決定する。

[会費]
1. 熊本在宅ドクターネット会費は、会員一名につき年間5000円とする。
協力医、病院医師は会費なし。ただし希望者は連携医になれるため、その場合は、会費を支払っていただく。 (平成20年3月25日 総会で承認)