熊本在宅ドクターネット(KZDN) 設立趣意書


目的
 在宅医療に関心を持ち実践する医師の会です。「熊本在宅Dr.ネット」は、相互協力により患者さんが安心できる医療を提供します。私たち医師をはじめ在宅医療に関わる多くの人の理念・知識・経験を集積し、在宅患者の“生活の質”の向上に努めたいと考えます。会員相互の連携を深め、症例検討や講演会など開催し、発表・議論を重ねながら研鑽します。
「熊本在宅Dr.ネット」は、率直に議論できる場であり、「参加する方が自由に発言し、研修していける場」でありたいと思います。


背景
 がん末期の最期を自宅で迎えたいが主治医がいない。脳卒中の回復期リハを終え自宅に帰りたいが主治医がいない。難病のため体が不自由であるが訪問してくれる医師が見つからないなど。多くの患者さんが在宅医療を望みながらも、在宅主治医がなかなか見つからないという現実があります。また開業医にとっても、がん末期等の重症患者を数多くひとりで診るのは心身共に大きな負担です。
 医療保険の改定により病院での長期入院が困難になってきたことや、介護保険の普及等により在宅医療のニーズは、今後ますます増大していくものと予想されます。そこで、在宅医療を希望する患者さんをより多く受け入れるための方法として、在宅医療に熱心な医師が集まり診診連携、病診連携を通じてグループ診療を行うことにより、病院・患者さんに対しては在宅医療の受け皿となり、開業医にとっては相互協力により医師の負担を軽減し、その結果として患者さん側にとって安心して訪問診療を依頼できるシステムを構築しようと考えました。


活動の実際
1)グループとして在宅医療の受け皿となる。
  また、グループ内の連携により緊急時の対応を行う。
2)診診・病診連携を組むことにより、地域住民に可能な限り継続的で効果的な
  在宅医療を提供する
3)相互に医療上の相談を行い、また種々の医療情報を共有することにより
  医療の質の向上を目指す。
4)参加する診療所間および病院間の親睦を図る。


活動方法、内容
 当連携の参加医師は、基本的に24時間365日対応可能で、メールによる連携が可能であることを前提とし、在宅24時間連携を組む。このため各医師は常に連絡可能な通信手段を確保し、お互いそれを共有する。


参加医師は、連携医、協力医、病院医師に分類する。
*連携医:主治医として治療を行う者と主治医を補佐する副主治医からなる。主治医は患者の居住地域と医師の専門性を考慮して決められ、さらに副主治医が訪問診療の分担や緊急対応を担う。
*協力医:専門性の高い診療科(皮膚科、眼科、整形・形成外科、精神科、麻酔科、脳外科など)の医師で、連携医から医療相談を受け、必要に応じて往診を行う。
*病院医師:病院・大学病院の勤務医で、病診連携を実践して、専門的な立場から助言を行う。